ザ・カップ麺レポート - 新商品レビューブログ

ほそぼそと毎日を生きるWebマーケター。カップ麺の新商品と超定番を中心にレポートしていきます!

【深くまろやかスパイス】CoCo壱番屋シーフード入りカレーヌードル|プライムワン+エースコック

本日は1/13にサークルKサンクスプライベートブランド“PrimeOne(プライムワン)”から発売された「CoCo壱番屋シーフード入りカレーヌードル」をいただきます。メーカーはエースコック
駅前のサンクスでゲット。185円(税別)。

 

f:id:midoripromotion:20150118040144j:plain

 

CoCo壱番屋の看板カラー、黄色と茶色のシンプルかつかわいいデザイン。画像が具だくさんでおいしそうです。

 

カレーチェーン店「CoCo壱番屋」とタイアップしたカップ麺です。とんこつエキスとポークミートエキスをベースに、カレー粉を加えたコクのあるカレースープが特長です。

引用元:

商品詳細 | 商品一覧 | 商品情報 | サークルKサンクス

 

 

麺屋はなび 台湾まぜそばなどのヒットでここのところ好調のプライムワン。今度はCoCo壱番屋エースコックと組んでいかにも話題になりそうな新作をリリースしました。

 

ちなみに、CoCo壱番屋のシーフードカレーは2013年に終了。今はシーフード三昧カレーというメニューに変わっています。


【悲報】シーフードカレー、オムエッグカレー終了のお知らせ ココイチメニュー改訂 - おいしいお

 

それがまさかカップラーメンで復活するとは!

 

CoCo壱番屋監修のカップラーメン自体は初めてではない(2013年に「旨辛スパイシーカレーラーメン」というのもリリースしている)

 

Twitter上の評判

 

 

 

あれ、意外に口コミは少なめ。しかも(カレーなだけに)スパイシーなコメントが多い。
個人的にはおいしかったんですけどねえ。

 

カロリー&成分チェック

 

f:id:midoripromotion:20150118040658j:plain

 

1食95gあたり386kcalと、カロリーはビッグサイズの平均。食塩相当量は6.6g。
コストパフォーマンスとしても平均点ですね。

 

f:id:midoripromotion:20150118040714j:plain

 

スープは鶏・豚エキス、豚脂ととんこつベース。カレースパイスの内訳はありません。後入れ調味料はアミノ酸、と記載。

 

f:id:midoripromotion:20150118040807j:plain

 

フタを開けると液体スープが。カレー粉もしっかり麺に絡んでますね。
かやくはきゃべつ、えび、いか、卵。
麺がななめになっているのは、落としてしまったから…(フタを開ける前でよかった)。

 

具がカラフル

 

f:id:midoripromotion:20150118040908j:plain

 

お湯を入れて3分。できあがりに後入れスープを入れます。これ、とんこつエキスかな。なめてみると脂っぽさのなかに旨みがありました。

 

 

f:id:midoripromotion:20150118040932j:plain

 

よくかき混ぜてできあがり。写真ではわかりにくのですが、キャベツをはじめ、結構色とりどりの具が入っています。沈んでいるので混ぜながら食べるとよい!

 

キャベツは大きめ。歯ごたえと甘みがあっておいしかったです。海老・イカもほどよい量で入っていて、いいタイミングで顔を出します。
卵は最初気づきませんでした。これだけちょっとトロっとした食感で、全体から浮いてましたw

 

コクの強いカレーにもちもちの麺

 

f:id:midoripromotion:20150118041008j:plain

 

とんこつエキスの存在感がわりと強く、カレーの風味がほどよく効き、CoCo壱番屋らしいまろやかなスパイスと甘みがちゃんと感じられます。
香辛料が食欲を煽りますが、辛くなく飲みやすいコクがあるスープです。

 

f:id:midoripromotion:20150118041022j:plain

 

麺は思ったより太くてもちもち。噛みごたえがしっかりしていました。カレーに負けず存在感があり、全体の味の濃さも手伝ってボリュームもちょうどよく、お腹が満足しました。


感想まとめ

 

個人的には結構好きなタイプでした。おいしかったです。日清のカレーヌードルのほうがスパイスが立って、キレがある感じですが、こちらは辛いのが苦手なひともいけるかも。どちらも良さがありますね!


なんたっておい飯がうまい。おすすめ。

 

サークルKサンクス限定商品です

商品詳細 | 商品一覧 | 商品情報 | サークルKサンクス

 


 

雑記

 

今年1/17は阪神大震災から20年目。当時私は中学生で地元山梨に住んでおり、新聞配達のバイトをしていました。
地震発生時は明け方だったので私は寝ていたのですが、山梨もかなり揺れたので目が覚めました。そしてその朝、配達予定の新聞の一面をみて凍りついたのをはっきり憶えています。すべての新聞に「阪神壊滅」やら「神戸壊滅」といった大きな見出しがあり、ほとんどの建物が倒壊した非現実な写真が載ってました。
幸せな日常が一瞬にして壊される…、私には到底想像が及ばない痛みです。

 

この国はホントに地震と身近ですね。自分のところだけは大丈夫、なんてことはないんですよね(とくに関東)。
防災グッズを新しくしないと。備えあれば憂いなしですよね。