ザ・カップ麺レポート - 新商品レビューブログ

ほそぼそと毎日を生きるWebマーケター。カップ麺の新商品と超定番を中心にレポートしていきます!

【高田馬場生まれ】ティーヌン監修 元祖トムヤムラーメン|エースコック

また久しぶりの更新になってしまいました…


本日は3/30に発売されたエースコックティーヌン監修 元祖トムヤムラーメン」をいただきます!駅前のサンクスにて購入。希望小売価格 205円(税抜)。

 

f:id:midoripromotion:20150404112227j:plain

 

ティーヌンのトレードマークと思われる赤いベースとラーメン構えたキックボクサー?が目立つパッケージ。ラーメンのスープが真っ赤ですごく辛そう…とにかくエスニック

 

初めてトムヤムラーメンを提供したとされる「ティーヌン」とのコラボレーション。
チキン・エビ・魚醤の旨みが利いたトムヤムクンスープを忠実に再現!

ティーヌン監修 元祖トムヤムラーメン|商品情報|エースコック株式会社

 

 

ということで、ティーヌンはトムヤムラーメンを初めて提供したとされるお店。

 

ティーヌンはまだタイ料理店がめずらしい1992年、高田馬場から約10分の早稲田通りにタイ国ラーメン&タイ国 料理の店としてオープンいたしました。
タイ料理に惚れ込んだオーナー涌井がその代表的なタイのスープ
トムヤムクンと、ラーメンをコラボレートできないものかと試行錯誤を重ね、ついに誕生させたものがトムヤムラーメンです。

TINUN ティーヌン|トムヤムラーメンStory

 

現在は一皿料理も提供し、本格的なタイ料理屋として東京近郊に(FC含め)15店舗あります。

 

tabelog.com

 

 1992年当時は、タイ料理といえばトムヤムクンとタイスキが流行りはじめたころ。
宴会やコンパ向きだったタイ料理を、お一人様用の一杯にした功績は大きいですね。

『トムヤムラーメン22年の軌跡。「ティーヌン 西早稲田本店」 -<カレー細胞>-』by ropefish : ティーヌン 西早稲田本店[食べログ]

 

愛され続けて22年。まさに老舗、元祖。

 

Twitter上のトムヤムたち

 

 

 

 

 

なかにはマヨネーズをかける強者も現る。

 

去年ヒットした日清の「トムヤムクンヌードル」と比較したツイートが多かったですが、これは好みの問題ですね。それよりトムヤムクン味がこんなに人気あるなんて。

 

 ビッグサイズに賑やかな原料

 

f:id:midoripromotion:20150404112647j:plain

 

1食89gあたり380kcal。値段も量もビッグサイズ寄り。食塩相当量は5.6g。

 

f:id:midoripromotion:20150404112705j:plain

 

今回は豚や野菜エキスが練り込んである油揚げ麺。スープは鶏・豚ベースにトマトケチャップやココナッツミルク、みそなど。
かやくはチンゲン菜、えび、ねぎ、赤ピーマン、コリアンダーパクチー)。
いろいろ入って賑やか~。

 

f:id:midoripromotion:20150404112719j:plain

 

フタを開けると中から後入れ液体スープ。どれがコリアンダーかな?

 

f:id:midoripromotion:20150404112736j:plain

 

そのままお湯を注いで3分後、液体スープを入れます。
そのままなめると強めの香辛料とナンプラーの味がしました。

 

f:id:midoripromotion:20150404112759j:plain

 

できあがりの図。鮮やかな赤。レモングラスの酸味が深い爽やかな香りが(行ったことないけど)本場タイをイメージさせます。

 

がっつり食べれるトムヤムラーメン

 

f:id:midoripromotion:20150404112839j:plain

 

チキン・エビ・魚醤の旨みに唐辛子を加えた辛味のあるスープに、レモングラス等、複数種のスパイスを加えることで爽やかな酸味や香りを再現しました。 ココナッツ等の甘みと唐辛子の辛味で飽きのこない味に仕上げています。


酸味と辛味、鼻を抜ける香りが先行しつつも、鶏・豚ベースのコクが立体感を出しているところが特徴です。

 

ぷりっとした食感のえび、色調の良いチンゲン菜、ねぎ、赤ピーマンを加え、特徴のある風味のコリアンダーパクチー)を利かせて仕上げました。

 

具はねぎ、チンゲン菜の食べごたえがありました。エビは時間が経つにつれ小さく…?(気のせい?)でも噛みしめると味が濃いです。赤みピーマンもしっかり。
また、他のレビューにもありましたが、パクチーが強いです。

 

f:id:midoripromotion:20150404112945j:plain

 

適度な弾力のあるめんです。程良い味付けをし、スープと相性良く仕上げました。

 

スープに馴染むよう、いろいろ練り込んである中太麺。あえてスタンダードをもってくることで“あくまでラーメン”なオリジナルを再現しているように思えます。

 

感想まとめ


酸味と全体のバランスが繊細な日清のトムヤムクンラーメンに比べ、こちらは食べごたえ重視の「がっつり食べれるトムヤムラーメン」といった印象です。方向性は別ながらも両方おいしいです。
オリジナルの再現性が高いとのことで、これが学生が多い高田馬場で育った味なのかあ。って勝手に想像しました。ターゲットをしっかり意識して開発された印象です。

 

 

 

温泉に行きたい雑記

 

余裕がない時こそ温泉でも行きたいなあと。この前行ったのはいつだったかな?もう去年ですね。
スーパー銭湯でもいいんですけどね(←ジムのスパ行けよ)。アカスリしたいなあ。