読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザ・カップ麺レポート - 新商品レビューブログ

ほそぼそと毎日を生きるWebマーケター。カップ麺の新商品と超定番を中心にレポートしていきます!

【〆はリゾット感覚】レッドチリラーメン 大人のスーパーカップ1.5倍|エースコック

1/26発売のエースコック、大人のスーパーカップ1.5倍2作品から、本日は「レッドチリラーメン」をいただきます。
近所のデイリーストアでゲット。希望小売価格 200円(税抜価格)。

 

ペアのブラック醤油ラーメンとは対極的な、ピリッと辛くて旨みがあるトマトスープは、後味すっきり。おい飯はリゾット感覚でいただけるおしゃれな一杯でした!

 

f:id:midoripromotion:20150204015622j:plain

 

こちらもインパクト抜群のビジュアル系デザイン。あいかわらず表面の光沢にうつりこんでしまいます。「唐辛子の心地良い刺激」とコピーがあるように、ピリッとした辛さが大人向けです。
このシリーズはとにかく店頭で映えますね。

 

しっかりとした弾力があり、口の中で存在感のあるカドメンです。
ポークとチキンをベースに、トマトの旨みと唐辛子の辛みを利かせたチリトマトスープです。心地よい辛さがクセになる一杯です。
シャキシャキとした食感の良いキャベツ、程良く味付けした焼豚、風味の良い玉ねぎ、彩りの良いコーン、ねぎ、赤ピーマンを入れました。

引用:

大人のスーパーカップ1.5倍 レッドチリラーメン|商品情報|エースコック株式会社

 

 

今回はブラック醤油ラーメンが同時発売。

 

f:id:midoripromotion:20150201223147j:plain

 

ふたつ食べてみると、各々の住み分けがなんとなくわかります。
ブラック醤油ラーメンがコク勝負の濃厚系なら、レッドチリラーメンは辛さ勝負のスッキリ系ということで、違った指向の「大人」がテーマですな。
コンビニではブラックのみを入荷するお店が多かったと感じています。最近は濃厚ガッツリ系が売れる傾向にあるのかもしれません。

 

また、こちらも当然私の大好きなカドメンでございます。
カドメンは食べごたえと噛みごたえを追求した弾力がある麺。角(エッジ)が立っており、断面が四角であることから「カドメン」。
アルデンテの状態で食べ始めるのが最高!(推奨2分)

 

公式サイトはこちら

スーパーカップ|商品情報|エースコック株式会社

 

Twitter上の評判

 

 

 

 

「辛くない」ってツイートが多かった印象です。なかにはタバスコを加える方も。たしかにパッケージのインパクトから受ける印象とはギャップがあるかもしれませんね。

しかし実際は(他のツイートにもありましたが)スパイシーなトマトスープって感じなので、女子ウケは良さそうです。

 

カロリー&成分チェック

 

f:id:midoripromotion:20150204015951j:plain

 

1食108gあたり434kcal。やはりスーパーカップ、圧倒的なコストパフォーマンス。
食塩相当量は8.9g。ブラックにくらべ、スープのナトリウムが0.7g高く、標準的な数値より高めです。
そのかわり脂分は12gと低め。このバランスがこの商品の特徴です。

 

f:id:midoripromotion:20150204020003j:plain

 

スープのベースは野菜エキス(おそらくトマトですね)に加え鶏・豚エキス。
かやくはキャベツ、焼豚、コーン、玉ねぎ、ねぎ、赤ピーマン。

 

f:id:midoripromotion:20150204020030j:plain

 

フタをあけると3袋。スパイスはやっぱ辛いやつかと。カドメン、今日も非常に太いです。

 

かやくと粉末スープを入れて3分待ちます。

 

スパイシーな香りとバランスがよい辛さ

 

f:id:midoripromotion:20150204020113j:plain

 

スパイスをかけて出来上がりの図。ちなみに、スパイスには「お好みにより調整して云々」書いてありますが、口コミ通り、全部入れてもそれほど辛くありません。

非常にかぐわしいです。

 

f:id:midoripromotion:20150204020135j:plain

 

口に含むとピリッと辛いのですが、後味はすがすがしいです。トマトの甘みと酸味にチキンの旨みたっぷり、立体感のある味わいです。
具はキャベツとコーンがシャキシャキです。玉ねぎは風味がアクセント。スープが野菜の甘みを引き立てるので、相性はとてもいいです。
また、焼豚はたまに現れてラッキー感を演出。

 

おい飯という裏ワザ

 

f:id:midoripromotion:20150204020204j:plain

 

カドメンはいつものようにボリューム、ぷっつり切れる食感の満足度は高いですね。
今回はスープのすっきり感のおかげで小麦粉の香りがふわり引き立つ一方、若干孤立感。

そこで…

 

f:id:midoripromotion:20150204020225j:plain

 

めずらしいですが、普段載せないおい飯の様子を公開。

 

おなかに余裕があるひとには(いるのかな…)おすすめ。
リゾット感覚でスープ、具の野菜とともにバランスよくいただけます。
これで具の唐辛子の食感も活きてきます。

 

感想まとめ

 

目新しさはないですが、ブラックとペアで食べるとなんとなくコンセプトが伝わってきます。上品な辛さなので女子ウケはよさそうです。

 

 

 ちなみに、とにかく“旨辛なカップラーメン”を求めるなら、ぜひ辛辛魚を!

 

ふと考える雑記

 

「今週発売のカップラーメン」「独自ランキング」「採点」…これアドバイスをもらったので、やったほうがいいのかなあ。

どうせやるならちゃんとしたものやりたいですからねえ。ランキングに至っては、記事化してないカップラーメンが自分のベスト10に入ってたりしますから。基準も考えねば。