ザ・カップ麺レポート - 新商品レビューブログ

ほそぼそと毎日を生きるWebマーケター。カップ麺の新商品と超定番を中心にレポートしていきます!

【 再 会 】ペヤング ソースやきそば|まるか食品

本日は関東地方で6/8に販売が再開された、まるか食品ペヤング ソースやきそば」をいただきます。まってました!家から少し離れたローソンにてゲット。170円(税別)。

今回のレポートは少し緊張しますね…

 

f:id:midoripromotion:20150615122209j:plain

 

長年親しまれたプラスチック製の容器を発砲スチロール製に変更し、高い密閉性を確保するため、フタはシール状に変更しました。

安心・安全|まるか食品株式会社

 

ふふふ…、さっそく騙されましたよ。完全にトリックアートでした。手にとった瞬間に思わず「えっ」って声が出ましたw

 

再販にあたって、過去のプラスティック容器を模倣するより、デザインを一新したほうがインパクトあるでしょう。だからこそ、まるか食品の伝統に対する熱い想いとしてうけとりました。※今後は変更されるかもしれませんが。

 

本格的鉄板やきそばをイメージし、コシのある麺、飽きのこないまろやかな味のソースでご好評を頂いております。

まるか食品株式会社

 

さてペヤングソースやきそばは、どのように生まれ変わったのでしょうか。

 

 

裏はこんな感じです。

 

f:id:midoripromotion:20150615123059j:plain

 

まず、公式ウェブサイトが大幅リニューアル。

 

www.peyoung.co.jp

 

メニューには一番左上に「安心・安全の取り組み」に関する案内。
こちらのページでは工場での取り組み、従業員教育の徹底、パッケージ・原料や資材について細かく説明されています。

 

本社工場および赤堀工場では、製造ラインおよび工場内のあらゆる環境を見直し、厳格な品質管理体制を整え、新たに稼働しました。

安心・安全|まるか食品株式会社

 

また、「工場を見学する」では画像つきで工程の様子が説明されています。昨年12月の混入事件から半年弱という短期間で、大幅に製造環境を刷新。改善の努力を、ぜひ見てみてください。

ウェブサイトは工場完成後に急ピッチで作ったはず。こちらも大変でしたね…

 

おなじみ、CMには落語家の立川志の輔師匠。そして、女子ソフトボール部はガチです。「Peyang be ambitious」って言ってます。

 

歓喜のTwitterユーザーたち

 

 

 

 

 

いまでも1分に3、4ツイートされている愛されペヤング。各所で売り切れも発生しているらしく、はやくもペヤング難民がでてきていますね。

 

ペヤングは食塩相当量が少しダウン

f:id:midoripromotion:20150615123017j:plain

 

新しいペヤングは1食120gあたり544kcal、(2014/12/8時点の画像と比較し)26kcalアップ。逆に食塩相当量は3.6gと、1gダウン。


原材料を細かくみると、麺のしょうゆと食塩の位置が逆転。添付調味料とかやくが分類されて表記されていますが、「鶏ひき肉」が「味付鶏ひき肉」に変わった以外はパッと見、大きく構成に変更はみられません。(もっと詳しく見たらわからないですが)

 

f:id:midoripromotion:20150615123201j:plain

 

密閉性の高いシール状のフタを剥がすと、いつもの3セット。おなじみアオサ、紅生姜、スパイスのふりかけも健在です。麺の色が若干濃くなった?と感じましたが、気のせいかもしれません。

 

ジェット湯切り形式に変更されたため、今後 このような惨事 は、なくなったわけですね。おかげでムダな緊張感は必要なくなりました。

「フタを全部開けてかやくを麺の下に入れる」テクニックも、もはや不要となりましたので、このままかやくのみを入れて3分待ちます。

 

幼なじみに再会 「 やっぱりキミが1番だよね」

f:id:midoripromotion:20150615123656j:plain

 

湯切りはスムーズに完了し、ソースを入れます。
混ぜやすくなった?と感じましたがこれも気のせいだと思います。

 

f:id:midoripromotion:20150615123832j:plain

 

完成…、慣れ親しんだありのままの姿がここに。見出しはなんのこっちゃわかりませんが。外見は大人になったけど、中身は変わらない…そんなニュアンスです。

 

f:id:midoripromotion:20150615123902j:plain

 

伝統の油揚げ麺のもっさり感、コシ。あいかわらずおいしいです!
ソースはさらりとしつつ、口当たりがあまくてコクが豊か。スパイスがピリッと効いてアクセントになっています。熱い湯気に混じってやさしく鼻孔に届くアオサの香りと、麺を食べたあとの紅生姜、ゴマの風味の余韻はペヤングの断固たるオリジナリティですね。

甘みがあるキャベツ、ソースに負けない味つけ鶏肉も、ちゃんと最後に余ります。(←食べ方が上達してないだけ)


これらを全部あわせて、ペヤングさんおかえりなさい。って感じです!

 

※塩分が減ったためか?油が多くなったのか?全体がよりまろやかになった印象を受けました。むしろバランスが良くなったと思います。(まったくもって気のせいだと思いますが)

 

感想まとめ

製造マシン(とくに麺まわり?)が変われば調理方法も変わるでしょうし、これを機に改良されている可能性は十分ありますよね。

パッケージは変わりましたが、おいしさは変わらず!より安心、親しまれるカップ焼きそばの代表として、いつも身近にいてほしいですね。

 

 

 

販売中止~開始までに話題となった記事まとめ

www.huffingtonpost.jp

 

www.nikkei.com

 

www.j-cast.com

 

toyokeizai.net

 

6/15現在の追加情報

弊社は5月19日に公表いたしました「商品製造販売再開のご案内」にもとづき、6月8日より、関東地区において商品の販売再開を実施いたしましたが、すでに予想をはるかに上回るご注文を頂戴しております。

http://www.peyoung.co.jp/pdf/20150610.pdf

 

さっそくですが、全国展開に遅れがでているようですね。甲信越・静岡は7/6、その他の地区は7/13となっています。

みんなが待ち焦がれていた証拠でしょうか。感動ですね!